« 2009年4月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年9月

Stop!地球温暖化 かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.23

かがわ「ええこと」コンテスト2009エントリーNO.23は、
「社会福祉法人若竹会」です。

テーマは「地球環境問題と就労支援策」

平成17年1月より開始。
坂出市を中心として老健施設、病院、飲食店、近隣住民、自治会などから廃油の回収。
また、坂出市の協力を経て市内小中学校、保育所からも廃油を回収し、市のゴミ集収車の燃料としても利用してもらっている。
回収作業を障害者と共にすることにより障害者の理解向上と労働意欲の向上にも
繋がっている。
廃食油の再生燃料化を普及させ、油を少しでも水に流さないようにしたり、
燃えるゴミとして出す量を減らすことにより地球の環境を守っていきたい。

(※応募用紙から転記) 

詳しい応募内容についてはこちら>>>「oubowakatakekai.doc」をダウンロード
210910_14

| | コメント (0)

Stop!地球温暖化 かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.22

かがわ「ええこと」コンテスト2009エントリーNO.22は、
「香川県立高松桜井高等学校」です。

テーマは「ヒートアイランド現象調査」

①温度計補正
7月14日5校時に、総合的な学習の時間を利用して温度計の補正を行う。
基準とする水銀温度計と測定用のアルコール温度計をぬるま湯に浸し、
同時に温度を読んで誤差を測定し、個々の温度計の機差補正とする。
②予備調査 全校生徒による校内実習
7月14日6校時に、機差補正を行った温度計を用いて、全校生徒が校内各所の
気温を、同時刻に測定する。
③本調査 全校生徒による校外実習
 1回目 7月24日18時、20時、25日6時に生徒が自宅周辺で
気温を測定する。
 2回目 8月25日18時、20時、26日6時に生徒が自宅周辺で
気温を測定する。
④データ入力、処理
 データはパソコンに入力し、各測定地点間の温度勾配を推定し、
等温線を引く。
  これに色をつけて結果とした。この作業は㈱四航コンサルタントの指導助言
を得て行った。
⑤今後この調査を持続し、データを蓄積する。また、毎年、生徒総会等でこの
結果の分析を行い、原因を考え、生徒自ら何をなすべきか検討する。

(※応募用紙から転記) 

詳しい応募内容についてはこちら>>>「oubosakurai.doc」をダウンロード

| | コメント (0)

Stop!地球温暖化 かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.21

かがわ「ええこと」コンテスト2009エントリーNO.21は、
「高松第一高等学校」です。

テーマは「身近なところから地球規模までの環境教育」

平成20年度に環境委員会の名称で次のような活動を開始
(その数年前からの整備委員会の活動を継承、発展させた内容)。
1、日常的な環境活動
①校地内の樹木の落ち葉の堆肥化とその利用
②校舎南面への「みどりのカーテン」:①の堆肥を利用してゴーヤーなどを栽培。
③古紙の計量とリサイクルとその啓発(現在、回収・計量は整備委員が実施)
④食堂から出る使用済み割りばしのリサイクル
⑤ペットボトルキャップのリサイクル:リサイクルで換金したお金は
途上国ヘのワクチン援助に寄付する。
⑥「環境だより」の発行:年2~6回程度。一般生徒の環境意識の向上・啓発を
はかる。
2、文化祭における「地球環境展」(平成19・20年):日常の環境活動について
展示に加えて、地球温暖化・海面上昇・熱帯林破壊・絶滅危惧動物など、
地球環境問題について調べ、展示。割りばし紙すきの実演も実施。
3、学校のホームページに環境活動や文化祭展示の内容を掲載:
平成21年4月から。「高松一高トップページ」→「スクールライフ」→「環境委員会」で検索できる。

(※応募用紙から転記) 

詳しい応募内容についてはこちら>>>「oubotakaiti.doc」をダウンロード
210910_13 

| | コメント (0)

Stop!地球温暖化 かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.20

かがわ「ええこと」コンテスト2009エントリーNO.20は、
「三豊菜の花プロジェクト」です。

テーマは「菜の花プロジェクトで、目指せ循環型社会!」

・経緯
 平成19年4月「三豊菜の花プロジェクト研究会」の実践グループとして活動を
スタート。
・ナタネ栽培実験
 平成19年に、三豊市高瀬町の休耕田約80アールを借り受け、ナタネ栽培を
スタート。
  翌年、試験的にナタネ約20kgを収穫し、6ℓのナタネ油を搾油した。
 昨年は、市内の休耕田など4ヶ所(計約60アール)でナタネ栽培を行い。
今年5〜6月には汎用コンバインと手刈りにて収穫を行った。約650kgを収穫し、
現在は搾油の準備中。
 今年の栽培は三豊市・観音寺市の8ヶ所(計約1ヘクタール)を予定している。
・啓発活動
 今年1月〜2月にかけて、三豊市山本町生涯学習センターにて
「からだに優しく、  地球に優しく暮らす講座」全5回を開催。のべ84名の参加が
あった。
 A1サイズの展示用パネル7枚を作成。今年2〜3月にかけて、三豊市庁舎など7ヶ所でのパネル展を行った。
・その他
 毎月定例会を開催し、また花見等の交流も行っている。

(※応募用紙から転記) 

詳しい応募内容についてはこちら>>>「oubonanohana.doc」をダウンロード
210910_12 

| | コメント (0)

Stop!地球温暖化 かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.19

かがわ「ええこと」コンテスト2009エントリーNO.19は、
「株式会社ちよだ製作所」です。

テーマは「食品リサイクル装置の開発」

食べ残しなどの生ごみや食品工場から出る食品廃棄物は現在、
全国的にほとんどがたくさんの石油を使って燃やして処分されています。
私達はこのような生ごみを、石油を使わずメタン菌という微生物の力を
借りて処理する装置を研究しています。
各家庭や工場から出る食品を燃やさずに処理するので石油を使いませんし、
微生物が働いたときに発生するガスは石油の代わりに燃料として使えます。
また、処理した後に残ったものは肥料として農業に利用できます。
この装置は、現在生ごみの焼却に使っている石油の削減、石油の代わりになる
エネルギーの製造、食品リサイクル、など地球温暖化防止に役立つ装置です。
私達はこの装置を香川県から日本全国に普及させ、CO2削減、
地球温暖化防止に役立てたいと考えています。
そのため、より良い装置となるように日々研究を重ねています。
生ごみなどからエネルギーや肥料をつくる装置を開発し、地球温暖化防止に
役立てること。

(※応募用紙から転記) 

詳しい応募内容についてはこちら>>>「oubotiyoda.doc」をダウンロード
210910_11 

| | コメント (0)

Stop!地球温暖化 かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.18

かがわ「ええこと」コンテスト2009エントリーNO.18は、
「株式会社百十四銀行 広報CSRグループ」です。

テーマは「壁面緑化,屋上緑化」

壁面緑化

・昭和40年11月 当行本店ビル完成時に、彫刻家流政之氏のデザイン
による12種類の蔦を駐車場壁側面(幅44.5メートル×高さ10メートル)に
上下から這わせた「草壁画」を設置。百十四ビル外壁のブロンズの緑との
調和が美しいと好評

屋上緑化

・平成19年11月 本社ビル別館 セダム約161平方メートル
 (屋上の温度上昇低減、ヒートアイランド現象の抑制、CO2削減を目的として)
・平成20年 3月 研修会館2F研修棟   ヒラドツツジ約27平方メートル
フィリフェラオーレア(イトヒバ)
フィリフェラオーレア(イトシバ)
約13平方メートル(直近の宿泊室から研修生の目を和ませるものとして)

(※応募用紙から転記) 

詳しい応募内容についてはこちら>>>「oubohyakujyusi.doc」をダウンロード
210910_10

| | コメント (0)

Stop!地球温暖化 かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.17

かがわ「ええこと」コンテスト2009エントリーNO.17は、
「三豊市立比地大小学校」です。

テーマは「地球を救え! -チャレンジ!エコ大作戦-」

ごみ処理の問題は児童の生活する三豊市でも非常に関心の高い
社会問題である。
また,地球温暖化に代表される環境問題も人類最大の課題であると
言われている。
したがって,4年生の時期から身近な環境問題である「ごみ問題」を通じて
環境保全への取り組みを学習していくことは,環境についての正しい見方や
考え方を身につけ,生涯を通して環境に配慮した生活を送ろうとする態度へと
つながっていくと考える。
本校では,4年生において社会科と総合的な学習の時間や教科,道徳との
関連を図りながら,家庭・地域・処理施設での調査や見学など体験活動を
十分に取り入れ,環境や環境問題に対する興味や関心を持ち,
意欲的にかかわり,自分の問題として受け止めていく豊かな感受性を育てている。
具体的活動として、4年生と児童会が中心となって、学校から出る紙資源を
「エコ・ボックス」を設置してリサイクルしたり、牛乳パックや空き缶の回収を
行ったりしている。

(※応募用紙から転記) 

詳しい応募内容についてはこちら>>>「oubohijidai.doc」をダウンロード
210910_9

| | コメント (0)

Stop!地球温暖化 かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.16

かがわ「ええこと」コンテスト2009エントリーNO.16は、
「栗林校区コミュニティ協議会」です。

テーマは「過去・現在・未来につなぐ栗林おもてなしエコロード」

1、平成20年11月栗林公園秋のライトアップに合わせて、地域住民に
よる「おもてなしエコロード」を企画した。
2、廃油利用のキャンドルを作り、コトデン栗林駅より栗林公園までの
約400mをキャンドルロードとして沿道に灯りをともし、又、小・中・高の子供たち、
地域住民団体等によるキャンドルオブジェを作成した。
又、それに併せて小・中・高の子供たちの絵を電車内に展示動く美術館を
演出した。
◎ 以上1,2は昨年実施した「おもてなしエコロード」の実施内容である。
平成21年度も、昨年と同様実施する計画ですが、今年度は昨年よりもステップアップして、時代によって変化していく灯りをテーマにし、過去・現在・未来をつなぐおもてなしエコロードパートⅡとして実施予定で地域の方々は勿論、多くの方々に地球温暖化防止の一環として理解していただく。
そのために灯りを、過去・現在・未来のテーマで並べる。
とうろうの灯りから現在の工夫したキャンドルの灯り、そして未来のLEDによる
イルミネーションと時代の流れを各団体、子供たちによる灯りのファンタジーで演出する。
又、この機会を利用してミニちょうちんをプレゼントし公園までの沿道を
ちょうちんの灯りで歩くことや省エネ促進の映画映写、パネル展示も計画している.

(※応募用紙から転記) 

詳しい応募内容についてはこちら>>>「ouboriturin.doc」をダウンロード   
21091002

| | コメント (0)

Stop!地球温暖化 かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.15

かがわ「ええこと」コンテスト2009エントリーNO.15は、
「善通寺市立吉原保育所」です。

テーマは「ゴーヤで涼しく」

平成21年4月「ゴーヤで涼しい保育環境を」でスタート
まず、土作り、数年前より庭のすみにコンポストを3台置き、
調理室の野菜くず、残飯などで栄養たっぷりの土。
4月末~5月初旬子どもの祖父母がゴーヤの苗を寄付して下さる。
園庭にも去年の種が数十本、芽を出す。米ぬかなども、
畑に混ぜ、2週間ほど土を寝かす。
調理室での米のとぎ汁は、毎日ゴーヤの畑に水やりとして、
子どもたちと取り組む。
7月中旬ゴーヤは3mほどに育ち、たくさんの実をつけた。
親子で収穫を楽しむ。
ゴーヤの涼しい環境を公民館祭り、市の健康福祉フェアーなどで
紹介。市の広報誌にも取り組み取材していただき市民の皆様に
みていただいた。

(※応募用紙から転記) 

詳しい応募内容についてはこちら>>>「ouboyosiwara.doc」をダウンロード
210910_8

| | コメント (1)

Stop!地球温暖化かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.14

かがわ「ええこと」コンテスト2009エントリーNO.14は、
「合資会社 高松屋旅館(小豆島グランドホテル水明)」です。

テーマは「環境にやさしい小豆島にようこそ!」

使用済天ぷら油からバイオディーゼル燃料を精製し、
軽油の代替燃料として使用することで、二酸化炭素削減に
寄与し、廃棄物の有効利用でゴミ問題においても貢献する。
以上のことから平成20年2月27日から廃食用油の回収(旅館・飲食店
・一般家庭等)を行い、小型バイオディーゼル燃料製造機により、
社有車、一般車に給油しています。
また、行政(土庄町)の支援を受け、町ぐるみで取組む体制の
確立を図っています。

(※応募用紙から転記) 

詳しい応募内容についてはこちら>>>「oubosuimei.doc」をダウンロード
210910_7

| | コメント (0)

Stop!地球温暖化 かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.13

かがわ「ええこと」コンテスト2009エントリーNO.13は、
「明倫の里城北環境部」です。

テーマは「ストップザ温暖化・グリーン大作戦の始まり」

・丸亀市城北地区の43自治会で構成する「明倫の里城北」の
環境部の役員等が中心となって、ゴーヤ、キュウリ等の緑の
カーテンづくりに挑戦している。

・平成21年5月17日に愛媛大学の二神准教授を招聘して
常緑樹(ツバキ)の植栽による地球温暖化防止効果などを勉強した。

・今後、10月11日に行われる『ほくほくふれあいまつり』等において、
ゴーヤ、キュウリ等の緑のカーテンや常緑樹(ツバキ)の生垣づくりによる地球温暖化防止の普及啓発活動を進める。

(※応募用紙から転記) 

詳しい応募内容についてはこちら>>>「oubomeirin.doc」をダウンロード
210910_6   

| | コメント (0)

Stop!地球温暖化 かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.12

かがわ「ええこと」コンテスト2009エントリーNO.12は、
「高松市消費者団体連絡協議会」です。

テーマは「ダンボールコンポスト」

昨今、大量消費、大量廃棄、家庭から出る生ゴミは、
最も身近な環境問題になっております。
そこで、環境を考える消費者として、できることから
始めようと「ダンボールコンポストで生ゴミゼロ活動」に
取り組み始めました。
生ゴミをコンポストで堆肥にすることで排出するゴミの
減量に努め、またレジ袋をゴミ処理に使用しないことで
CO2削減につながってきていると思います。


(※応募用紙から転記) 

詳しい応募内容についてはこちら>>>「oubosyouhi.doc」をダウンロード
210910_3

| | コメント (0)

Stop!地球温暖化 かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.11

かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.11の団体は、
「鴨庄地域いきいきネット」です。

テーマは「環境を考える」

地産地消の料理の普及
◎小学校の子どもたちに授業、教室で普及活動(子どもたち50人)
廃油を使っての石けん作り、ろうそく作り
◎竹を使用する。
節電(ローソクの使用方法)
7月7日をはさんだ3日間、
子ども会を中心にふれあいプラザで夜1時間
竹ろうそくに火をつけ、電気を消して星を観察しました。
◎イベント会場 秋の月見茶会
10/31にふれあいプラザで鴨庄まつりを行います。
9/20に志度生涯学習館で秋の月見茶会を行います。

(※応募用紙から転記) 

詳しい応募内容についてはこちら>>>「oubokamosho.doc」をダウンロード
210910_2  

| | コメント (0)

Stop!地球温暖化 かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.10

かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.10の団体は、
「香川医療生協」です。

テーマは「善通寺診療所から地域に広げるエコなゴーヤ君」

2009年5月初旬ゴーヤの種まきをして苗を作りました。
 26日善通寺診療所南側・西側と、ケアセンター「ほがらか」の南側・西側に
プランターを設置して苗を植えつけました。
 指導者として善通寺「ゆめ楽農塾」より香川先生にボランティアで参加してもらい
その後の管理指導も教えてもらいました。
 残った苗は、ボランティアで植え付けに参加した組合員さん達が持ち帰り、
家庭で緑のカーテン作りに取り組んでいます。
 また、善通寺診療所の緑のカーテン作りのニュースを読み、本院の平和病院でも
緑のカーテンに取り組むようになりました。
 同時に生ゴミ削減のため実験として生ごみリサイクル土を使用して、野菜の栽培と
花の栽培にも取り組んでいます。
 収穫したゴーヤと茄子は患者さまや組合員さまに採ってもらっています。
 2009年8月7日第1回講演会、親子で参加する環境エコの講演会
 立教大学の安部竜一郎先生「エコってなんなの?なぜやるの?何をやったらいいの?」を開催しました。
 参加した子供達からは、「CO2が多いとなぜ熱が放出されないか」
「温室効果ガスを減らすには」「酸性雨をへらすには」と鋭い質問がたくさん出ました。
 第2回は2010年2月に予定です。緑のカーテンの取り組みの成果を報告と、他の地域で環境エコを
実践しているグループの発表会をする予定です。

(※応募用紙から転記) 

詳しい応募内容についてはこちら>>>「ouboiryou.doc」をダウンロード
210910 

| | コメント (0)

Stop!地球温暖化 かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.9

かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.9の団体は、
「東かがわ市環境衛生室」です。

テーマは「緑のカーテン」

CO2などの温室効果ガスの削減に取り組もうと実施をしています。
関係各所に積極的に実施参加の協力を呼びかけた。
参加へは、植え付け場所や水やり等で適当な場所が見あたらず、
環境衛生室で実施しています。
また、市庁舎に来庁した人に、「緑のカーテン」は地球温暖化防止、
CO2などの温室効果ガスの削減のメッセージを毎日送っています。

(※応募用紙から転記) 

詳しい応募内容についてはこちら>>>「oubohigasikagawa.doc」をダウンロード
210909_3

| | コメント (0)

Stop!地球温暖化 かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.8

かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.8の団体は、
「香川県立笠田高等学校」です。

テーマは「生ゴミリサイクル元気野菜作り」

1、土づくり
①1㎡あたり約20kgの生ゴミを投入、耕うん
 敷き草を敷き、臭い防止、動物よけのため、ブルーシートで
覆う。
②3日目、5日目、2週間を目安に耕うん
 約1ヶ月後、生ゴミが消え、臭いが完全になくなっていれば
土づくりが完了
③有機石灰「カキガラ石灰のみを1㎡あたり200g~1kg投入
④野菜の種まき、定植
※化学肥料、化学農薬は一切使用しない。

(※応募用紙から転記) 

詳しい応募内容についてはこちら>>>「oubokasada.doc」をダウンロード  

| | コメント (0)

Stop!地球温暖化 かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.7

かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.7の団体は、
「ビレッジ美合館」です。

テーマは「間伐材でエコ温泉」

 平成21年2月から本格稼動した。当温泉のあるまんのう町は、
県内一の森林・林業地域であり、未利用の森林資源が豊富にある。
 しかしながら町内にある他に3つの公営の温泉は、いずれも重油
炊きのボイラーであり、当館のように間伐材をそのまま使用するボイラーは
全国でも初めての導入で燃料の製造コストも安く(乾燥を含む)、施設整備の
構造もシンプルであるため施設の整備の経費も安く、今後地域の他の温泉
施設に普及させる上で、きわめて有効な手法であると考える。
 当館のバイオマスボイラーは山林工事等で排出される間伐材をチップ・
ペレットなどに加工せず、そのまま燃料として使用することで、CO2排出と
重油使用量の大幅削減(年間で重油約200kl、二酸化炭素約500tの削減)
が実現できた。
 また、自然エネルギーを利用して間伐材を乾燥させる高度化技術が平成
20年度の林野庁補助事業(木質エネルギー技術高度化事業)に採択され、
樹種や形状ごとの特性を把握することができより効果的な乾燥方法を収得
することができた。

(※応募用紙から転記) 

詳しい応募内容についてはこちら>>>「oubomiai.doc」をダウンロード 
210915 

| | コメント (16)

Stop!地球温暖化 かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.6

かがわ「ええこと」コンテスト2009エントリーNO.6の団体は、
「三豊市立下高瀬小学校」です。

テーマは「人や環境にやさしさを広げよう」

「昔の環境と比べ、暖かくなってきている事実」の発見を基に、エネルギーの
無駄遣いをなくそうと活動を始めた平成18年度から、継続して以下の活動に
取組んできた。

① 全校生で実践する『下小もったいない憲法』
    平成19年度に制定した「下小もったいない憲法」を各教室に掲示し、
   全校生徒が常に意識することで、省エネ活動の基盤にしている。
② 省エネ委員会活動中
    省エネ委員が省エネナビで使用電力量を計測し、節電などを全校生に
   呼びかけている。校内パトロールなど校内の意識高揚を図っている。
③ 『もったいないおばけバスターズ』出動!
    エネルギーの無駄遣いを減らす「もったいないおばけバスターズ」も
   活動している。5つのテーマ(節電・節水・リサイクル・食・緑)ごとに
   グループを編成し、実験や調査を行い、校内や家庭、地域へ発信している。
④ 地産地消の米づくり
    地域の方の指導のもと、米づくりに取り組み、田植えから販売までの
     過程を手作業で行ったり、合鴨農法や料理教室などに挑戦したりして、
     地元の旬の食材を使 うことでフードマイレージを抑え、生産過程での
     エネルギーの無駄遣いをなくせることを学んでいる。
⑤ 教科との関連で進めるエネルギー環境学習
   総合的な学習の時間を核に各教科との関連を重視しながらエネルギー環境
     教育を進めている。
⑥ 省エネを進める環境づくり
   児童会主催の「アルミ缶デー」や、栽培委員による下小ガーデン屋上緑化
    などの省エネに学校全体で取り組む環境づくりに取り組んでいる。
   さらに昨年9月に太陽光発電学習機を設置し、太陽光パネルで発電した
    電気で噴水があがったり、校歌が流れたりするのを毎日楽しんだり、天気と
    発電量の関係を学び、自然のエネルギーの大切さを実感したりしている。

  (※応募用紙から転記)
 
  詳しい応募内容についてはこちら>>>「oubosimotakase.doc」をダウンロード  
210909

| | コメント (6)

Stop!地球温暖化 かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.5

かがわ「ええこと」コンテスト2009エントリーNO.5の団体は、
「コープかがわ 東部エリア」です。

テーマは「My Bag 持参運動」

 平成19年6月、6名のサポーターの皆さんと環境月間に合わせて、
My Bag持参を呼びかけた。
 その結果、平成19年6月以降 My Bag持参率が70%以上となった。
 その後も呼びかけ続け、平成20年6月よりレジ袋レジ精算方式を導入。
 地域組合員さんの協力を得て、持参率が90%以上となった。
 この取り組みをきっかけに次々と環境を考えた活動が広まっています。

(※応募用紙から転記) 

詳しい応募内容についてはこちら>>>「oubocoop.doc」をダウンロード   
2109

| | コメント (0)

Stop!地球温暖化 かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.4

かがわ「ええこと」コンテスト2009エントリーNO.4の団体は、
「株式会社小豆島クリーンサービス」です。

テーマは「地球に「ええこと」できることから始めよう」

 ㈱小豆島クリーンサービスでは、平成19年より廃食用油のディーゼル燃料化事業を開始し、平成20年、地球に「ええこと」Party~2008に応募しました。
 このことをきっかけに、小豆島町並びに香川県地区衛生組織連合小豆島町支部の協力を得て、平成21年4月より小豆島町内の公民館・集会所等に使用済み天ぷら油の回収箱を設置させていただき、約7,000世帯を対象として廃食用油の回収を行っております。
 4月22日には経済産業省・NEDO技術開発機構がおこなった「新エネ百選」にも選定され現在に至っております。地域の皆様の協力により、7月31日現在での廃食用油の回収量は前年比57%増と着実に増加しております。
 この取組みが今後とも続けていけるよう、地球に「ええこと」できることから始めよう、をテーマに今年も応募させていただきます。

(※応募用紙から転記) 

詳しい応募内容についてはこちら>>>「ouboclean.doc」をダウンロード
210907_2 

| | コメント (1)

Stop!地球温暖化 かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.3

かがわ「ええこと」コンテスト2009エントリーNO.3の団体は、
「熱帯果樹を植える会」です。

テーマは「ステキに楽しくエコスマイル」

・見ていて楽しい風力発電機の作成
・ソーラークッカーの作成・普及によって、光熱費の削減を図る。
・なるだけ、耐寒性のあるバナナの植樹
①世界一大きな葉によるCO2削減
②自然エネルギーによるグァバ茶作り

(※応募用紙から転記) 

詳しい応募内容についてはこちら>>>「oubonettai.doc」をダウンロード  
89140013

| | コメント (0)

Stop!地球温暖化 かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.2 

かがわ「ええこと」コンテスト2009エントリーNO.2の団体は、
「宇多津町婦人会」です。

テーマは「打ち水大作戦2009INうたづ」

平成21年7月23日(木)大暑
・夕方5時の時報を告げる「夕焼け小焼け」のメロディーを
合図に町内一斉に打ち水を行いました。
・唯一ルールとして水道水は一切使用しない。
(風呂の残り湯、雨水等を有効利用する)
・打ち水前と打ち水後(10分経過後)の温度を測定し記録しました。

(※応募用紙から転記) 

詳しい応募内容についてはこちら>>>「ouboutazu.doc」をダウンロード
Utazu210903  

| | コメント (0)

Stop!地球温暖化 かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.1

かがわ「ええこと」 コンテスト2009エントリーNO.1の団体は、
「いっぽいっぽ」です。

テーマは「家庭から温暖化ストップ」

2007年10月に「いっぽいっぽ多肥」が発足、
2008年5月に「いっぽいっぽ太田」が発足しました。

【2008年の活動内容】
CO2削減チェックシート(春・夏・秋冬の3種)を作成しました。
合計1200枚。
(チェックシートの実施及び配布場所)
多肥地区ジュニアバレーボールチーム、さくらまつり(多肥)
保健委員会(多肥)、夏祭り(太田)、88祭り(中央公園)
環境ミュージカル(高松市生涯学習センター)
環境イベント(高松市生涯学習センター)
また、環境クイズ約600枚を作成しました。
さくらまつり(多肥)、夏祭り(太田)にて実施しました。

(※応募用紙から転記) 

詳しい応募内容についてはこちら>>>「ouboippo.doc」をダウンロード  
210902

| | コメント (0)

Stop!地球温暖化かがわ『ええこと』コンテスト2009

6月5日から募集しておりました「Stop!地球温暖化
かがわ『ええこと』コンテスト2009」は8月31日(月)をもちまして
締切とさせていただきました。
今年もさまざまな取組の応募がありました。
今年もこのブログで応募のあった団体(個人)さんを
ご紹介していきます!
応援のメッセージをよろしくお願いします。
応援メッセージは特設ページから、郵送FAX電子メールで、
またはこのページのコメント欄に記入をお願いします。

【お問い合わせ】
香川県地球温暖化防止活動推進センター 
〒760-8570香川県高松市番町4丁目1-10香川県環境政策課内
tell (087)-833-2822
fax (087)-834-4555
kagawa-ecc.kankyo@trad.ocn.ne.jp

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年11月 »